横浜Fマリノスの中村俊輔について

中村俊輔

中村俊輔は、神奈川県横浜市戸塚区出身の日本のサッカー選手です。ポジションはミッドフィールダーで、J1・横浜F・マリノスに所属していて、元日本代表です。

1997年、横浜マリノス(現・横浜F・マリノス)に入団し、1997年シーズンのJリーグ優秀新人賞を受賞しました。1999年のシーズンにはJリーグベストイレブンを初受賞しました。また、2000年のシーズンは、22歳でJリーグ最優秀選手賞、日本年間最優秀選手賞を受賞しました。2003年6月、コンフェデレーションズカップフランス大会で、3得点をあげ『ブロンズシューズ賞』を受賞しました。なお、2004年7月、8月に行われたアジアカップ中国大会では、最優秀選手に選ばれました。2005年3月にはガゼッタ・デロ・スポルトからレジーナの歴代ベストイレブンに選出されて、同年6月、コンフェデレーションズカップドイツ大会で、1得点2アシストをあげベストイレブンに選出しました。2005年7月に、セルティックへ移籍しました。2006年9月、2006-07シーズンのUEFAチャンピオンズリーグに初出場しました。そして、2006-07シーズンではリーグトップの12アシストを挙げ、スコットランドPFA年間最優秀選手賞、スコティッシュ・プレミアリーグベストイレブン、スコットランド・サッカー記者協会年間最優秀選手賞を受賞し、年間ベストゴール賞も獲得しました。そして、2007年4月、セルティックのリーグ戦連覇が決まり、実質日本人で初めて欧州リーグで連覇を経験した選手となりました。2009年6月22日、横浜F・マリノスなどのオファーを断り、スペイン1部リーグのRCDエスパニョールへの移籍が決定しましたが、2010年2月28日、かつて所属した横浜F・マリノスに移籍が決めました。また、2013年は自身初のリーグ年間2桁得点を記録、またJ1第30節大分戦では通算17点目となる直接フリーキックを決め、遠藤保仁が持っていたJ1のフリーキック最多得点記録を更新しました。なお、2015年1月、5季連続となる主将への就任が決まて、2016年1月、クラブ史上最長の6季連続となる主将就任が決めました。

中村俊輔

1997年、横浜マリノスに入団し、2005年7月に、セルティックへ移籍しました。また、2010年2月28日、かつて所属した横浜F・マリノスに移籍が決めました。

中村俊輔 横浜Fマリノス ユニフォームは豊富に納品揃っています。ご購入こちらへ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です