横浜Fマリノス 2017 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ ▼#10番 斎藤学

f17sad0257

価格:5959円

メーカー:アディダス/adidas

素材:ポリエステル 100%

シーズン:2017シーズン

発売時期:2017年3月

メーカーカラー:ブルー

商品特徴:
・胸前にはスポンサー名をプリントします。

・クラブエンブレムは織りワッペン縫い付けます。

・メーカーブランドは前続き「ADIDAS」、メーカーロゴは刺繍です。

・軽量の快適さのために通気性、汗発散性ファブリックで作られています。

・港町横浜、トリコロールのプライドを、白のスリーストライプスと赤のアクセントカラーで表現します。

・ホームは『スピードオブトリコロール』をコンセプトに、現代フットボールの勝利に必要不可欠なスピードを、マリノスブルーを中心とした「スピードグラフィック」で大胆に表現しています。

齋藤学選手専用のユニフォームですから、彼のネームや番号がプリントされました。
齋藤 学は、1990年に神奈川県川崎市出身のプロサッカー選手です。ポジションはフォワード、ミッドフィールダー。川崎市立川崎高等学校卒業。日本代表。もっと読む>>>

購入のリンク:横浜Fマリノス 2017 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ ▼#10番 斎藤学

横浜Fマリノスの中村俊輔について

中村俊輔

中村俊輔は、神奈川県横浜市戸塚区出身の日本のサッカー選手です。ポジションはミッドフィールダーで、J1・横浜F・マリノスに所属していて、元日本代表です。

1997年、横浜マリノス(現・横浜F・マリノス)に入団し、1997年シーズンのJリーグ優秀新人賞を受賞しました。1999年のシーズンにはJリーグベストイレブンを初受賞しました。また、2000年のシーズンは、22歳でJリーグ最優秀選手賞、日本年間最優秀選手賞を受賞しました。2003年6月、コンフェデレーションズカップフランス大会で、3得点をあげ『ブロンズシューズ賞』を受賞しました。なお、2004年7月、8月に行われたアジアカップ中国大会では、最優秀選手に選ばれました。2005年3月にはガゼッタ・デロ・スポルトからレジーナの歴代ベストイレブンに選出されて、同年6月、コンフェデレーションズカップドイツ大会で、1得点2アシストをあげベストイレブンに選出しました。2005年7月に、セルティックへ移籍しました。2006年9月、2006-07シーズンのUEFAチャンピオンズリーグに初出場しました。そして、2006-07シーズンではリーグトップの12アシストを挙げ、スコットランドPFA年間最優秀選手賞、スコティッシュ・プレミアリーグベストイレブン、スコットランド・サッカー記者協会年間最優秀選手賞を受賞し、年間ベストゴール賞も獲得しました。そして、2007年4月、セルティックのリーグ戦連覇が決まり、実質日本人で初めて欧州リーグで連覇を経験した選手となりました。2009年6月22日、横浜F・マリノスなどのオファーを断り、スペイン1部リーグのRCDエスパニョールへの移籍が決定しましたが、2010年2月28日、かつて所属した横浜F・マリノスに移籍が決めました。また、2013年は自身初のリーグ年間2桁得点を記録、またJ1第30節大分戦では通算17点目となる直接フリーキックを決め、遠藤保仁が持っていたJ1のフリーキック最多得点記録を更新しました。なお、2015年1月、5季連続となる主将への就任が決まて、2016年1月、クラブ史上最長の6季連続となる主将就任が決めました。

中村俊輔

1997年、横浜マリノスに入団し、2005年7月に、セルティックへ移籍しました。また、2010年2月28日、かつて所属した横浜F・マリノスに移籍が決めました。

中村俊輔 横浜Fマリノス ユニフォームは豊富に納品揃っています。ご購入こちらへ!

横浜Fマリノス 2015 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ

横浜Fマリノス 2015 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ

横浜Fマリノス 2015 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ
価格:5500円
マーキング:可能
メーカー:アディダス/adidas
素材:ポリエステル100%
シーズン:2015シーズン
メーカーカラー:ボールドブルー×ダークフットボールゴールド×レッド
デザイン ンセプト横浜Fマリノス ユニフォーム 2015 ホーム プリカはクラブの象徴であるトリコロールに加え、新シーズンの頂点に輝く決意を表した「マリノスゴールド」をメインコンセプトとしてデザインしました。
商品特徴
・クラブのエンブレムの月桂樹のカラーをモチーフにした「マリノスゴールド」を肩口の3ストライプスでデザインしました。
・クラブのアイデンティティーであるトリコロールが襟、袖、裾部分で表現されており、ドット柄を配したデザインを採用しています。
・クラブエンブレム上にJリーグ優勝回数を表す星が付いています。
・背面首元にはかもめをトリコロールカラーで設計しています。

横浜F・マリノス ユニフォーム 購入

横浜Fマリノス 2016 ユニフォーム アウェイ 半袖 レプリカ

横浜Fマリノス 2016 ユニフォーム アウェイ 半袖 レプリカ

横浜Fマリノス 2016 ユニフォーム アウェイ 半袖 レプリカ

価格:

マーキング:可能

メーカー:アディダス/adidas

素材:ポリエステル100%

シーズン:2016シーズン

販売時期:2016年2月

メーカーカラー:ポールドピンク

デザイン コンセプト横浜Fマリノス 2016 ユニフォーム 2016 アウェイ 半袖 レプリカはエリク・モンバエルツ体制2年目を迎え、2004年以来の優勝を目指す横浜Fマリノスです。クラブ史上初のポールドピンクを採用されたアウェイ ユニフォームです。

 

商品特徴

・ 右袖に「明治安田生命」リーグというエンブレムがデザインしています。

・ 襟元は伸縮性に優れたリブ仕様、胸元は2つボタンで開閉が可能です。

・ スポーサーロゴ、メーカーロゴ、エンブレムはプリントされます。

・ 優れた換気・除湿機能でポディをドライで快適に保ち、とても着やすくて、そして目立て、プレーヤーのパフォーマンスを最大限に引き出します。

横浜F・マリノス ユニフォーム 購入

横浜F・マリノスの 飯倉大樹について

飯倉大樹

飯倉大樹は、青森県出身の元サッカー選手であります。今は横浜F・マリノスに所属していて、ポジションはゴールキーパーであります。GKにしては小柄な方だが、それを補うアジリティーやジャンプ力も備えている。小学生の時はボランチで、中学1年からゴールキーパーに転向しました。内藤友康とは中学生の時のチームメイトで、2人でレギュラーを争っていました。また、2003年NEW!!わかふじ国体の神奈川県選抜でも同じチームで活躍しました。

小学校時代まではFWで、中学に入ってからGKとしてもプレーします。横浜F・マリノスJr.ユースに進んでからGK専任となりましたが、ユース時代は同僚である内藤友康の控えに甘んじた時期も多くになりました。2007シーズンにJリーグ初出場を飾って、横浜F・マリノス生え抜きの守護神になりました。

飯倉大樹

飯倉大樹は2005年に横浜F・マリノスに移籍しました。2010年は自身初のリーグ戦全試合出場を果たし、榎本から正GKの座を奪いました。2011年も度々ファインセーブを見せて、チームの前半戦首位に貢献しました。2013年4月は体調不良を訴えて横浜市内の病院に入院して、9月の天皇杯でベンチ入りメンバーに復帰しました。

飯倉大樹 横浜F・マリノス ユニフォームを激安にお求め頂きたい方にお勧めです!

横浜F・マリノスの田口潤人について

田口潤人

田口潤人は1996年9月28日に愛知県で生まれました。今はプロサッカー選手として、卒業Jリーグ・横浜F・マリノスクラブに所属しています。ポジションはゴールキーパー(GK)です。2014年10月13日まで開催されたサッカーの国際大会『AFCU-19選手権2014』の予選に18歳以下の日本代表として出場しました。そして、正ゴールキーパー(GK)として臨み、来年10月の本大会進出を決めました。最終戦の相手は開催国の中国のチームです。

田口潤人

田口潤人にとって、このアウェイの洗礼は貴重な成長の機会となりました。小学4年生の頃、試合日に体調不良で不在だったチームメートに代わって臨時で務めて以来、秘めた才能を見込まれてゴールキーパーに定着しました。それまで経験したフォワードと比較すれば派手さに欠けるポジション。だが、自陣の最後方から選手を操ることに魅力を感じています。そして、中学時代からJリーグ横浜F・マリノスの下部組織に所属し、放課後はみなとみらいの練習場に直行します。高校生の時から横浜F・マリノスの下部組織に所属しています。高校卒業後の目標はプロ選手になることですが、常に身近な存在にあるマリノスのトップチームの一員としてピッチに立つのが夢になりました。

田口潤人 横浜F・マリノス ユニフォームを豊富に取り揃えております。ご購入こちらへ!

横浜F・マリノス ユニフォーム 購入

 

横浜Fマリノス 2014/2015 ユニフォーム アウェイ 半袖

リーグの頂点を目指す天皇杯王者、横浜Fマリノス2014アウェイユニフォーム。

横浜Fマリノス 2014/2015 ユニフォーム アウェイ 半袖

【カラー】
インフラレッド×ホワイト×エレクトリシティ

【特徴】
・選手着用の【オーセンティックモデル】の為、観戦を目的に作られた【レプリカ】モデルに比べ横幅を絞った設計になっています。
・素材には吸汗速乾性に優れたサラサラした素材を使用。
・歴代の白を基調としたカラーからインパクトのあるカラーに変更。
・クラブエンブレム上にJリーグ優勝回数を表す星付き。

【機能】
Clima cool:優れた換気・除湿機能でボディをドライで快適に保ち、プレーヤーのパフォーマンスを最大限に引き出します。

【シーズン】
2014年2月発売

横浜Fマリノス 2016/2017 ユニフォーム アウェイ 半袖

横浜Fマリノス2016 ユニフォーム アウェイは、過去使用したことのないボールドピンクというビビッドな色を基調にした大胆デザイン。ストライプを取り入れた全体的にカジュアルな仕上がりとなっており、日常でも着用できるファッション性の高さに横浜らしさが感じられる。

6201cc45cdbff2f20179e01933c525c0

商品詳細

エリク・モンバエルツ体制2年目を迎え、2004年以来の優勝を目指す横浜Fマリノス!
クラブ史上初のボールドピンクを採用した、アウェイユニフォーム!

メーカーカラー
ボールドピンク

特徴
・右袖の「明治安田生命Jリーグ」エンブレムをデザイン。
・襟元は伸縮性に優れたリブ仕様、胸元は2つボタンで開閉が可能です。
・スポンサーロゴ、メーカーロゴ、エンブレムはプリント。

機能

CLIMACOOL:優れた換気・除湿機能でボディをドライで快適に保ち、プレーヤーのパフォーマンスを最大限に引き出します。
スペック

素材 ポリエステル100%
発売時期 2016年2月発売

ご購入はこちら

横浜Fマリノス 2016/2017 ユニフォーム ホーム 半袖

横浜Fマリノスユニフォーム2016ホームは、クラブのアイデンティティである伝統のトリコロールをベースに、ボディに青、襟に赤、そしてスリーストライプスに白を配置。そしてそこに、選手たちがピッチを縦横無尽に躍動する様を表現するため、特徴的なチェック柄を革新性として取り入れている。背面上部にはお馴染み、エンブレムに由来する3羽のカモメが今季も元気に羽ばたいている。

横浜Fマリノス 2016 ユニフォーム ホーム 半袖

特徴

・伝統的なトリコロールカラーを採用。
・「革新」性として取り入れた特徴的なチェック柄は、選手たちがピッチを縦横無尽に躍動する様を表現。
・右袖の「明治安田生命Jリーグ」エンブレムをデザイン。
・襟元は伸縮性に優れたリブ仕様、胸元は2つボタンで開閉が可能です。
・スポンサーロゴ、メーカーロゴ、エンブレムはプリント。

機能

CLIMACOOL:優れた換気・除湿機能でボディをドライで快適に保ち、プレーヤーのパフォーマンスを最大限に引き出します。

スペック

素材 ポリエステル100%
発売時期 2016年2月発売
シーズン 2016

ご購入はこちら

横浜Fマリノス 2015/2016 ユニフォーム アウェイ 半袖

横浜F・マリノス(よこはま エフ・マリノス、Yokohama F・Marinos)は、日本の神奈川県横浜市および横須賀市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグに加盟するプロサッカークラブ。チーム名の「マリノス (Marinos)」は、船乗り・水夫・海兵隊員などを意味する。チームカラーは「青・白・赤」のトリコロール(三色)。この三色は元々日産自動車のコーポレートカラーであった。各色の意味合いは、青「冷静さと港町・横浜の海」、赤「スポーツに触れ合う場をつくり、皆が誇れるクラブを目指す」、白「皆に支えられ、息の長い活動を続ける、自立したクラブを目指す」。弊社は「横浜Fマリノス 2015 ユニフォーム アウェイ 半袖 」を豊富に取り揃えています。

6436769494f145e536d711c867b20e20

メーカーカラー

ダークフットボールゴールド×ダークグレー×ホワイト

特徴

・選手着用モデルと同仕様の【オーセンティック】モデルとなります。
・カラーには頂点に輝く決意を表した「マリノスゴールド」を全面に採用。
・クラブエンブレム上にJリーグ優勝回数を表す星付き。
・背面首元にはかもめをトリコロールカラーでデザイン。
・メーカーロゴ、スポンサー名はラバープリント。

機能

CLIMACOOL:優れた換気・除湿機能でボディをドライで快適に保ち、プレーヤーのパフォーマンスを最大限に引き出します。
FORMOTION:3次元工学を元に生まれたサッカーの動きに最も適した立体形状。極上の着心地感と運動性能を実現。

スペック

生産国 フィリピン
発売時期 2015年3月発売
シーズン 2015

ご購入はこちら