横浜F・マリノスの榎本哲也について

榎本哲也

榎本哲也は神奈川県川崎市生まれの元サッカー選手であります。2003年のJ1ファーストステージ開幕戦のジュビロ磐田戦でデビューしました。ポジションはゴールキーパーです。不動の守護神です。GK陣を引っ張るリーダーとして頼れる存在です。昨年は定位置争いで悔しさを味わいましたが、過去にも控えに甘んじた経験をしているだけに焦りはありません。自身初のJ1リーグ戦フルタイム出場して、通算200試合も達成しました。シュートを予測する洞察力も年々向上して、多くのピンチを救って、リーグ最少失点に貢献します。タイトル獲得のため、今季も“ゼロ封”にこだわります。

榎本哲也

秋元陽太が愛媛FCに移籍して、アビスパ福岡から六反勇治が加入した2012年も飯倉の控えとして過ごしていましたが、3連敗で迎えた9月22日の鹿島アントラーズ戦で約3年ぶりにリーグ戦の出場機会を得ると2-1での勝利に貢献しました。その後もスタメン出場が続いました。2013年は4年ぶりに開幕スタメンを務めました。5年ぶりに30試合以上に出場(33試合)して、再びレギュラーを取り戻しました。

榎本哲也 横浜F・マリノス ユニフォームは豊富に納品揃っています。ご購入こちらへ!