横浜F・マリノスの 飯倉大樹について

飯倉大樹

飯倉大樹は、青森県出身の元サッカー選手であります。今は横浜F・マリノスに所属していて、ポジションはゴールキーパーであります。GKにしては小柄な方だが、それを補うアジリティーやジャンプ力も備えている。小学生の時はボランチで、中学1年からゴールキーパーに転向しました。内藤友康とは中学生の時のチームメイトで、2人でレギュラーを争っていました。また、2003年NEW!!わかふじ国体の神奈川県選抜でも同じチームで活躍しました。

小学校時代まではFWで、中学に入ってからGKとしてもプレーします。横浜F・マリノスJr.ユースに進んでからGK専任となりましたが、ユース時代は同僚である内藤友康の控えに甘んじた時期も多くになりました。2007シーズンにJリーグ初出場を飾って、横浜F・マリノス生え抜きの守護神になりました。

飯倉大樹

飯倉大樹は2005年に横浜F・マリノスに移籍しました。2010年は自身初のリーグ戦全試合出場を果たし、榎本から正GKの座を奪いました。2011年も度々ファインセーブを見せて、チームの前半戦首位に貢献しました。2013年4月は体調不良を訴えて横浜市内の病院に入院して、9月の天皇杯でベンチ入りメンバーに復帰しました。

飯倉大樹 横浜F・マリノス ユニフォームを激安にお求め頂きたい方にお勧めです!